スタッフブログ

2015年6月15日 月曜日

お腹の音。瀬戸市で訪問マッサージ・鍼灸ならみずの坂訪問サービスに

みなさんは静かな所でお腹が鳴って恥ずかしい思いをした事はありませんか?

お腹が鳴るというのは、胃や腸の収縮により空気が運ばれた時の音だそうですでんきゅう

ごはんを食べてから6~8時間後にお腹が鳴ると言われていて、お腹が空いた時の空腹期収縮で一致して鳴るようです。

食べ物が腸に送られ胃がからっぽになると十二指腸からモチリンというホルモンが分泌されます。すると、胃が大きく収縮し、さらにその先の小腸の蠕動運動が起きて音が鳴るのです。

モチリンの分泌を抑えるには、グルコース(ブドウ糖)や糖分をとるといいそうなので、鳴りそうになったら、アメを舐めてみたり甘いもの摂取すると回避できるかもしれませんキラキラ1

音を回避しても実際の空腹を抑えられない、そのようなどうしようもない状態やダイエット中の方もいると思います。

空腹感を抑えるには、ものを噛むという動作をすると、脳の中でヒスタミンという物質が増え、満腹中枢を刺激するので空腹を紛らわす事ができるそうです。
あと、アドレナリンの分泌も血糖値を上げる作用があるので、怒ったり、大声を出したりするのも紛らわすのにいいそうです。

と、ここまで空腹、空腹とマイナスイメージで語ってきましたが、
少しの空腹時は生命維持の危険を感じて食物の場所を思い出す為、記憶力がUPするとも言われています。
テストの時は、昼ごはんの時間を逆算して朝食をとるといいかもしれまんね。o(^▽^)o



投稿者 みずの坂鍼灸マッサージ整骨院

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

お電話でのお問い合わせはこちら:0561-48-4881