スタッフブログ

2015年3月 9日 月曜日

冬から春にかけての養生法。瀬戸市・尾張旭市で頭痛・肩こりをスッキリさせるなら当整骨院へ

季節の変わり目は体調が悪くなるとよく言われますが、冬から春にかけてのこの時期も何故か体が重怠いとおっしゃる方が多いです。

これを東洋医学的に言うと冬の寒さの為、体の中心部の循環が滞っているという事になります。春の陽気にあてられて体の表面の循環が悪くなり、気持ちなどが緩んで締まりがなくなったり、のぼせたりという事が同時に起こっていると考えられます。

こういう時は鍼灸や指圧で身体の中心部の循環を良くし、表面を引き締め中と外の調和を取るようにするといいですキラキラ1

更に自分でできるケアとして、こうした季節に食べるといいものがあります。
例えば「蕗(フキ)」や「タラの芽」「ウド」「セリ」「菜の花」といった苦みがある春先の野菜です。これらはのぼせを取り除く効用があります。

またこの時期に脂っこいものを食べると胃もたれになる事が多いのですが「大根」は胃腸の調子をやさしく整えてくれます。

「キャベツ」「白菜」「青梗菜」等も消化吸収を助け体の毒消しに効用があり、胸のむかつきを解消してくれます。

少しずつ春の気配が感じられ過ごしやすい日も増えてきました。
楽しく健康的に過ごすため日常に東洋医学を取り入れてみてくださいねo(^▽^)o

投稿者 みずの坂鍼灸マッサージ整骨院

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

お電話でのお問い合わせはこちら:0561-48-4881