スタッフブログ

2014年6月 9日 月曜日

梅雨

6月になり、いよいよ梅雨になって来ました。

 湿度が高くなると、膝や腰などの関節や胃腸に影響を及ぼします。

この時期は、ぎっくり腰の方や膝の痛みを訴える方が本当に多いんです

梅雨の時期は湿度が高い影響で体の状態が崩れやすいです。


 東洋医学では湿度(湿邪)が体に入ってくると胃や脾といった消化器官が悪くなるといわれています。

この場合、胃や脾が悪くなるとお腹の痛みや下肢のむくみ等といった症状も出てきます。

また、「体重節痛」と言って、関節内に湿邪が入ってくると、関節の痛みも出てきます。

古傷の痛みや頭痛、生理痛、腰痛、神経痛のような症状も現れます。

湿度もそうですが、エアコンなどで冷やしすぎないようにもしましょう

投稿者 みずの坂鍼灸マッサージ整骨院

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

お電話でのお問い合わせはこちら:0561-48-4881